ANAでの予約クラスに関する体験談

ANAの予約クラスの種類

私はその当時インターネット上での手続きでANAの航空券の予約の手続きをしていたのですが、その途中に予約クラスに関する項目がありました。それまで飛行機にあまり搭乗した経験がなかった私には予約クラスがどういうものなのか分からず、偶然側にいた職場の先輩に相談したのです。

そこでようやく予約クラスが「エコノミー」や「ビジネス」などと呼ばれるものだと理解したのですが、ANAの場合はエコノミークラスだけでも多種多様な種類の予約クラスが存在していて本当に驚きました。しかも予約クラスは料金だけではなく手荷物の数や予約変更ができるかどうか、払い戻しやアップグレードの対応ができるかどうかなど色々な制約が異なっているようだったので、まずは料金だけではなくそれらのクラス別の条件などを確認しておくのが重要だと思います。

マイルにも注目してクラスを選択する

ANAの予約クラス別の違いなどを比較していたところ、サービス内容や条件のほかにもマイルの積算率が異なっている点に気付きました。私はANAのクレジットカードを持っていたのでマイルを貯金していたのですが、選択した予約クラスの内容によってどの程度マイルがついてくるのかが全然違っていたのです。これは当然と言えば当然かもしれませんが、普段からマイルの積算率を気にしている人にとっては重要なポイントの一つだと言えます。
もちろん高いクラスであればあるほどマイルが貯まっていくようになっています。

ですがエコノミークラスであっても3割以上はポイントがついてくるようになっているようなので、その点も考慮して予約クラスを選んでみるのも重要だと思います。特にマイルを貯めている人にとっては大切なポイントなので、私のようにしっかり貯めたい人はエコノミークラス内でも比較するのがおすすめです。

細かい予約クラスの区分のメリットデメリットを理解する

その後私は先輩と相談しながら、最終的には「プレミアムエコノミー」の予約クラスで航空券を取りました。エコノミークラスでも良かったのではないかとその時は思ったのですが、ANAのプレミアムエコノミーはラウンジから利用できますしマイルの積算量も100%と私にとってはとても魅力的だったのでそちらにしました。

実際に搭乗してみても席もそこまで狭いわけではありませんでしたし、海外旅行ほど長時間の利用ではなかったので十分快適な時間を過ごせました。もちろん搭乗する時間や飛行機内で仕事をするかどうか、環境などによってはもっと上のクラスを利用するのもありだと思います。ただ初めてANAを利用した私にとっては十分な予約クラスでしたし、その人の状況や予算など総合的な面でクラスを選べばそれに応じた配慮やサービスを受けられるのだと非常に感動しました。

Follow me!