おすすめ!一番お得な予約クラスの選択の方法

分かりにくいシステムの予約クラス

働き出した頃から、ある程度お金が貯まったら海外旅行をすることが習慣化していました。頑張って働いた自分へのご褒美として、半年に一度程度の間隔で旅行を楽しんでいました。比較的簡単に行けるアジア方面を中心に目的地を選んでいました。飛行機の移動時間も短く、食べ物も口に合うことが多かったからです。

どうすれば安く旅行できるかということを思案し、いろいろ調べた結果、ネットを使ってana航空券の予約クラスを選んで利用するという方法に行き着きました。予約の利用したところ、たくさんの種類があってとても戸惑ってしまいました。運賃種と予約クラスを組み合わせる必要があり、直感的に分かりませんでした。アルファベット順に価格の安い順に並んでいるわけでもなかったので、とても混乱しました。

座席クラスと運賃種別、予約クラスの関係性

anaはエコノミークラスの正規運賃はYになり、その次に高い運賃はEの予約クラスになっていました。その次はBで、法則性を見出せずにいました。同じエコノミーでありながら、なぜこんなに運賃に開きがあるのかという疑問を解消できずにいました。そのため、まずは航空券を分類することで、法則を見つけることを試みました。

航空券は座席クラスと運賃種別、予約クラスに分類できました。座席クラスはファーストやビジネスなどの4種類になり、運賃種別はFull FlexからSuper Valueの6種類でした。予約クラスはアルファベット1文字で表されることが分かりました。その結果、座席クラスが高いほど運賃が高くなり、運賃が安い予約クラスはマイル加算率が低いという特徴がありました。

理想的な方法を提案

実際にanaの航空券に関する予約クラスの影響は、後のマイル加算に関係があることが明らかになりました。そのため、料金が安い予約クラスを選択することで、マイル加算率が下がってしまうのです。また、運賃が安い予約クラスは、予約変更や払い戻しに制限がかかってしまうケースもありました。一概に料金だけを見て予約クラスを選択することが正解ではないことを実感しました。

利用頻度や利用目的などに応じた選択をできることが理想的です。あまり利用せずスケジュールがしっかりと決まっているのであれば、一番安い予約クラスを選択することをおすすめします。しかし、頻繁に利用してスケジュールも変更の可能性があれば、融通の利く予約クラスを選択することがベストです。

Follow me!