対応関係を知ると役立つ予約クラスと割引運賃

予約クラスとマイルの関係

マイルがどれだけ付与されるかを決めるのに用いられているのが予約クラスです。anaのフライトを利用したときには区間に応じてマイル数が定められていますが、その100%のマイルが必ずしも付与されるわけではありません。ファーストクラスで予約をすればマイルを割り増しにして付与してもらうことができる一方、ツアー旅行などで格安運賃でエコノミークラスを利用するとほとんどマイルが加算されないことになります。

どれだけマイルが付与されるのかを知るにはeチケットお客様控に記載されている予約クラスを確認すればわかるようになっているので、マイルの付与される数が気になったときにはeチケットお客様控を確認してみると良いでしょう。

割引運賃と予約クラスの関係

anaは様々な割引運賃を提供していますが、それぞれの割引運賃に対して制限が設けられています。

代表的なのは旅割や特割ですが、この場合には予約してしまうともう予約変更もキャンセルもできないのが原則です。一方、ビジネスリピートでは当日でも予約変更を無料で行うことができます。

このような対応の違いはどのような運賃で予約したかによって決まるため、予約クラスにそれが反映されているのです。割引運賃の種類と予約クラスが一対一の関係になっているわけではなく、普通運賃と身体障害者割引が両方ともYに属するといった形で多対一という関係になっています。しかし、単純にはその対応関係を知っているだけで予約クラスがわかるのです。

対応表を持っているとメリットが多い

マイルの付与がどれだけあるかが私はとても気にかかっていたので、anaのマイレージクラブ会員になってからは対応表を作りました。どの割引運賃を使うとどの予約クラスになり、マイル付与はどの程度の割合になるかを一覧にして手元に持っておくと航空券予約の際に役に立ちます。例えば、旅割で大幅に割引するよりも株主優待を使って割引した方がマイルの分も考慮するとお得になる場合もあるのです。

他の割引運賃を使える場合でも本当に適用してしまって良いのかを考えるのに、予約クラスとマイルに関する対応表が手元にあるとすぐに計算することができます。大抵の場合には安いチケットの方が総じて見ても安くなりますが、納得の上で予約することが可能です。

Follow me!