ANAとLCCの違いは?

ANAなどの一般航空会社とLCCと呼ばれている格安航空会社では、どのような違いがあるのでしょうか?

LCCとは何?

LCCとはローコストキャリアと呼ばれ、一般的な航空会社であるような無料サービスを廃止して有料化したり、機内の設備を簡素化することで、効率的な経営ができるだけでなく、正規の航空運賃を低価格にすることができます。

そのため、航空券はANAなどの一般航空会社と比較すると低価格にはなりますが、荷物などの重量によって課金方式で料金を徴収するところがほとんどになり、これによって航空券の料金が一般の航空会社と変わらない場合もあります。

LCCでは予約の変更ができない?

LCCでは、ANAなどの一般航空会社のように予約の変更や払い戻しを行うと損をしてしまう可能性や変更ができない場合があります。

予約の変更や払い戻しの手数料は、ANAなどの一般航空会社と比較したときに高くなり、これらの対応していない場合もあるため、事前に予約したら必ずその便に乗るようにしましょう。

ANAには予約クラスがある

ANAには予約クラスがあり、アルファベット1文字で何のクラスなのか判断できるようになっています。
主に座席クラスは、ファースト・ビジネス・エコノミー・プレミアムエコノミーなどがあり、それ以外にもブッキングクラスなどがあります。

これらの場合、同じシートクラスの航空券でも予約クラスが設定されていて、料金によって異なった予約クラスが使用されています。

LCCの場合は、予約クラスもないため、予約したらその座席のクラスということですが、ANAは予約クラスによってマイル加算対象外の予約クラスもあれば、マイルによって座席のグレードアップができる場合もあります。

アップグレードするには?

ANAの予約クラスをアップグレードするには、貯めていたマイルを使用して行う方法と、ポイントを使用してアップグレードする方法があります。

他にも、航空会社の都合によって決まるインボランタリーアップグレードや当日アップグレード付加運賃というものもあります。

この航空会社によって行われるインボランタリーアップグレードは無償であり、オーバーブッキングが生じた際に行われますが、当日アップグレード付加運賃では、付加運賃の支払いをすることでアップグレードできます。

また、ANAの予約クラスによっては対象となる場合とならない場合もあるので、当日空港に行ってから確認してみましょう。

このように格安航空券にあるメリット・デメリット、そしてANAにあるメリット・デメリットを十分に吟味して、ご自身にあった航空会社選びをしてくことが賢い選択になります。

もっと読む