マイルの獲得と予約クラスについての経験

予約クラスについて知った機会

ANAのフライトを優先して利用するようになったのはANAマイレージクラブ会員になったからでした。勤め先の方針でanaカードを作るのが原則になっていたので、それを機会にマイレージクラブ会員になったのです。国内外の出張が多くてフライトを利用することも多かったのでマイルが貯まるのも魅力的でした。

会社側もマイルについては特に言及せずに個人のものとしてしまって問題ない扱いにしていたため、十分に貯めたら個人旅行に使おうと考えていたのです。ただ、自分で旅行をしたときにマイルが全くつかないことがありました。そのときにANAのサポートデスクに電話をかけて知ったのが予約クラスの存在です。予約クラスによってマイル積算率が違うという仕組みになっているのをそのときに知りました。

マイル積算率と予約クラスの関係

ANAの就航路線については個々に区間基本マイレージが定められているというところまでは知っていましたが、それが予約クラスで異なることは知りませんでした。確かに普段より少なめにマイルが付与されているという印象を受けたときはあったものの、あまり気にかけていなかったのです。エコノミークラスではY、E、B、Mは100%ですが、U、H、Qは70%、V、W、S、Tは50%といった形で定められています。

私がマイルの付与を受けられなかったときはクラスがOとなっていました。これは特典航空券を使用したことによってマイルの付与が行われないものだったのです。特典航空券だとマイルが入らないことも知らなかったので残念ではあるものの良い経験でした。

基本的には高いチケットほどマイル積算率が高い

予約クラスについて知ってからはANAのフライトを徹底的に安くしようという心がけをしなくなりました。出張のときがほとんどなのでマイル付与率が高い方がメリットが大きいからです。ただ、基本的にはチケットが高いほどマイル積算率が高い仕組みになっているので、あまり高いチケットばかり買っていると会社にも迷惑がかかります。

そのため、いわゆる格安航空券はやめてマイル積算率が70%か50%になるものだけを選んで購入するようにしているのが現状です。何回か買っているとどの割引運賃で買えばどの予約クラスになるのかもわかります。また、ANAに問い合わせると具体的に教えてもらうこともできるので、予約のときに電話を使用するようになりました。

もっと読む