同じ座席でもクラスが違う!ANAの予約クラスの違いとは?

ANAを利用する際、航空券を事前に予約される方は多いでしょう。
予約した航空券を見ると予約クラスが書かれていますが、シートクラスとの違いがあることはご存じですか?今回はANAの予約クラスとシートクラスの違いについてご紹介します。

予約シートは運賃の分類を示す

飛行機のクラスと聞くとエコノミーやビジネス、ファーストといったシートクラスを連想しますが、シートクラスと予約シートは別物です。

予約した航空券を見ると、VやQなどアルファベットが1文字表示されています。
これが予約クラスであり、ブッキングクラスや運賃クラスなどで呼ばれることもあります。
そもそも予約クラスとは、ANAなど航空会社が座席を販売する際、運賃を細かく分類したものです。

使用するコードが航空会社によってことなりますが、さらに同じシートクラスでも複数の予約クラスが存在します。例えば、エコノミーのLクラスの場合、これはLクラスにあたる運賃を購入したことを示すコードとなるのです。

ANAの座席別予約クラス

予約クラスは座席クラスによって使用されるアルファベットが異なります。
ANAではどのようなアルファベットが使用されるのかご紹介しましょう。

【エコノミー】

・Super Value:L
・Value、Basic:Q→H、S→W→V
・Flex:Q、W
・Basic Plus:U、M、E、B
・Flex Plus:B
・Full Flex Plus:Y

【プレミアムエコノミー】

Value Plus:E
Basic Plus:G、E
Full Flex Plus:G

【ビジネス】

Super Value:P
Value Plus:D、Z
Basic Plus:D
Flex Plus:J、C
Full Flex Plus:J

【ファースト】

Basic:A
Full Flex Plus:F

エコノミーYはエコノミーの座席クラスでも使われているので、見間違えに注意しましょう。
また、エコノミーでは出発日が近付くと予約クラスが変わります。

予約クラスによってマイルの加算率が変わる

予約クラスは運賃のクラスを示すものなので、利用する予約クラスによってマイルの加算率も同じシートクラスでも大きく異なります。一例ですが、エコノミークラスの場合、L、K、Gが30%に対して、Y、E、B、Mは100%となっているのです。

ビジネスクラスとなればC、D、Zが125%、Jが150%、ファーストクラスはFとAのみで150%の加算率となります。普段はあまり気にならない予約クラスですが、マイルやプレミアムポイントの加算率にも違いがあることを知っておくと良いかもしれません。

Follow me!