ANAとLCCの違いは?

ANAなどの一般航空会社とLCCと呼ばれている格安航空会社では、どのような違いがあるのでしょうか?

LCCとは何?

LCCとはローコストキャリアと呼ばれ、一般的な航空会社であるような無料サービスを廃止して有料化したり、機内の設備を簡素化することで、効率的な経営ができるだけでなく、正規の航空運賃を低価格にすることができます。

そのため、航空券はANAなどの一般航空会社と比較すると低価格にはなりますが、荷物などの重量によって課金方式で料金を徴収するところがほとんどになり、これによって航空券の料金が一般の航空会社と変わらない場合もあります。

LCCでは予約の変更ができない?

LCCでは、ANAなどの一般航空会社のように予約の変更や払い戻しを行うと損をしてしまう可能性や変更ができない場合があります。

予約の変更や払い戻しの手数料は、ANAなどの一般航空会社と比較したときに高くなり、これらの対応していない場合もあるため、事前に予約したら必ずその便に乗るようにしましょう。

ANAには予約クラスがある

ANAには予約クラスがあり、アルファベット1文字で何のクラスなのか判断できるようになっています。
主に座席クラスは、ファースト・ビジネス・エコノミー・プレミアムエコノミーなどがあり、それ以外にもブッキングクラスなどがあります。

これらの場合、同じシートクラスの航空券でも予約クラスが設定されていて、料金によって異なった予約クラスが使用されています。

LCCの場合は、予約クラスもないため、予約したらその座席のクラスということですが、ANAは予約クラスによってマイル加算対象外の予約クラスもあれば、マイルによって座席のグレードアップができる場合もあります。

アップグレードするには?

ANAの予約クラスをアップグレードするには、貯めていたマイルを使用して行う方法と、ポイントを使用してアップグレードする方法があります。

他にも、航空会社の都合によって決まるインボランタリーアップグレードや当日アップグレード付加運賃というものもあります。

この航空会社によって行われるインボランタリーアップグレードは無償であり、オーバーブッキングが生じた際に行われますが、当日アップグレード付加運賃では、付加運賃の支払いをすることでアップグレードできます。

また、ANAの予約クラスによっては対象となる場合とならない場合もあるので、当日空港に行ってから確認してみましょう。

このように格安航空券にあるメリット・デメリット、そしてANAにあるメリット・デメリットを十分に吟味して、ご自身にあった航空会社選びをしてくことが賢い選択になります。

もっと読む

おすすめ!一番お得な予約クラスの選択の方法

分かりにくいシステムの予約クラス

働き出した頃から、ある程度お金が貯まったら海外旅行をすることが習慣化していました。頑張って働いた自分へのご褒美として、半年に一度程度の間隔で旅行を楽しんでいました。比較的簡単に行けるアジア方面を中心に目的地を選んでいました。飛行機の移動時間も短く、食べ物も口に合うことが多かったからです。

どうすれば安く旅行できるかということを思案し、いろいろ調べた結果、ネットを使ってANA航空券の予約クラスを選んで利用するという方法に行き着きました。予約の利用したところ、たくさんの種類があってとても戸惑ってしまいました。運賃種と予約クラスを組み合わせる必要があり、直感的に分かりませんでした。アルファベット順に価格の安い順に並んでいるわけでもなかったので、とても混乱しました。

座席クラスと運賃種別、予約クラスの関係性

ANAはエコノミークラスの正規運賃はYになり、その次に高い運賃はEの予約クラスになっていました。その次はBで、法則性を見出せずにいました。同じエコノミーでありながら、なぜこんなに運賃に開きがあるのかという疑問を解消できずにいました。そのため、まずは航空券を分類することで、法則を見つけることを試みました。

航空券は座席クラスと運賃種別、予約クラスに分類できました。座席クラスはファーストやビジネスなどの4種類になり、運賃種別はFull FlexからSuper Valueの6種類でした。予約クラスはアルファベット1文字で表されることが分かりました。その結果、座席クラスが高いほど運賃が高くなり、運賃が安い予約クラスはマイル加算率が低いという特徴がありました。

理想的な方法を提案

実際にANAの航空券に関する予約クラスの影響は、後のマイル加算に関係があることが明らかになりました。そのため、料金が安い予約クラスを選択することで、マイル加算率が下がってしまうのです。また、運賃が安い予約クラスは、予約変更や払い戻しに制限がかかってしまうケースもありました。一概に料金だけを見て予約クラスを選択することが正解ではないことを実感しました。

利用頻度や利用目的などに応じた選択をできることが理想的です。あまり利用せずスケジュールがしっかりと決まっているのであれば、一番安い予約クラスを選択することをおすすめします。しかし、頻繁に利用してスケジュールも変更の可能性があれば、融通の利く予約クラスを選択することがベストです。

もっと読む